日本三名園 偕楽園日本三名園 偕楽園

  • 偕楽園今昔物語

開花情報

梅の開花が見頃を迎えております

偕楽園本園、拡張部の梅林ともに紅白の梅が咲き誇り、見頃を迎えております。暖かい日が続いたため、一気に梅が開花しました。例年より10日から2週間ほど早い見頃となり、予想よりも短期間で満開となりました。早...

もっと見る

INSTAGRAM

INSTAGRAM

新着

ABOUT

偕楽園とは

江戸時代、水戸藩九代藩主・徳川斉昭(なりあき)によって造園されました。
「偕楽園」の名前には、領内の民と偕(とも)に楽しむ場にしたいと願った斉昭の想いが込められています。

文武修業の場(一張・いっちょう)である「弘道館」と修業の余暇に心身を休める場(一弛・いっし)である「偕楽園」は、相互に補完しあう一対の教育施設として創設されました。

ENJOY

偕楽園のみどころ

位置情報の取得
位置情報の取得停止
{{areaname}}
×
{{spotname}}
{{spotname_alp}}
{{spotinfo}}

ROUTE

偕楽園の歩き方

偕楽園本来の姿である、
「陰の世界」と
「陽の世界」
それを知ることができる
ルートをご紹介します。

もっと見る